ノートパソコンとは液晶ディスプレイ一体型で持ち運び可能なサイズのパソコンの事です。パソコンを購入する時にデスクトップ派とノートパソコン派に分かれますが、ノートパソコンのメリットはまず場所を取らないという点です。デスクトップだとパソコン用の机を用意する必要がありますが、ノートパソコンならテーブルでもこたつの上でもどこでも置く事が出来ます。そして持ち運びか可能で移動中などコンセントがない状態でもパソコンが使えるようにバッテリーで利用する事が出来ます。

そしてデメリットですが、デスクトップと比べると性能が落ちます。もしノートパソコンでも性能を求めるのならばデスクトップよりも価格が高くなってしまいます。そしてすでに一つにまとまっている状態なのでパーツの交換や増設などはデスクトップのようにする事ができません。なのでデスクトップとノートパソコンのどちらが優れていると決めるのではなく、どちらが自分にとって使い勝手がいいのかで選ぶといいでしょう。

ノートパソコンの選ぶポイントはまずキーボードの配列や大きさなどが種類によって異なるためどのタイプが使いやすいか店頭で実際に触ってみる事をオススメします。そしてノートパソコンにはテンキーがついていないので必要な場合は外付けが可能です。ノートパソコンの中にもいくつか種類があり、「ホームノート」は家で使うタイプです。

持ち歩くにはモバイルノートが重さと大きさを考えた時に最適でしょう。ネットブックは性能に限りがあり、ネットの閲覧とメールに使うだけなら問題はありません。ノートパソコンを使う状況を考えて選ぶようにしましょう。

関連ページ